今日はどこに行こうかな?
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Comment
NewEntry
Admin
Category
Archives
Search
Link

スマートフォン
Mobile
qrcode

以前買って、やっと読めた仏像の本


仏像の秘密         朝日出版社

続・仏像の秘密   朝日出版社


分かりやすいです。私は本を読む時、ねっちりじっくりかみしめて読みます。なので、すごく時間がかかるんですが、mamoさんは同じ本を読んでも、シャーと読んで頭に入るから、羨ましいような、もったいないような…。短時間でいっぱい読めていいですね…。


買ったけど、まだ読んでない本


ツバキ文具店    幻冬舎文庫

世界の果てのこどもたち   講談社文庫


読むの遅いから、まだ、福岡で買った、『かたづの!』を読んでる途中です。

文庫じゃないと持ち歩いて隙間時間になかなか読めないし、ハードカバーは高いからね…

ハードカバーで心惹かれるのは、本の装丁がすごくステキな時です。挿絵とかね。

文庫になって、絵も挿絵も違う人になってる時は、あーやっぱりね、と、ちょっと残念な気持ちになります。


読んでない本が溜まってきたら、『積ん読』になります。そのまま、読まない本や数年経ってから読んだりする事も…。

2018.08.25 Saturday 08:23
comments(10)

最近、読んだ本

あずかりやさん 桐島くんの青春 ポプラ文庫

ジェットホイルの中で読みました。


丸善で買った本

泣くな道真・太宰府の詩 集英社文庫

帰りのジェットホイルの中で読みました。


ジョン万次郎・海を渡ったサムライ魂 集英社文庫


かたづの!・集英社文庫



颶風の王・角川


全国高等学校考古名品展2018


泣くな道真は道真公の意外な一面が書いてあり、それぞれのキャラの個性が立っていて、面白かったので、2回続けて読んでしまいました。



2018.08.19 Sunday 23:12
comments(0)
本を頂きました
だいぶ前ですが、陶片窟さんから本を送っていただきました。少しずつたのしく読ませていただいております。
最近、読んだ本。

きりこについて
ツナグ
わたしをみつけて
聖の青春
大泉エッセイ
雪と珊瑚と
夢違
アンネの日記(読み中)
2015.09.18 Friday 23:01
comments(0)
3月のライオン
本、最近はマンガばっかりなんですが〜・・・。三浦しをんさんの小説だけは、ちょこちょこ読んでますが・・

12月に大好きなコミック「3月のライオン」10巻が出たので、また、1巻から読んでました。
トビラ絵のモモちゃんが娘達が小さい頃の事思い出したりして、・・。1巻の時は、娘まだ生まれてなかったのに・・。でも、モモちゃんも5歳になったし・・。10巻出るのに時間が掛かったから心配してたけど、すごく良かった〜。

https://www.youtube.com/watch?v=CiCWbfjf8Tw

バンプ オブ チキンさんと3月のライオンのコラボです〜。

今日はゲオで「リアル」を3巻まで借りてきました。
最近のおすすめマンガ本。

僕だけがいない街

声の形

重版出来

いちえふ

自殺島

ちはやふる

ちちゃこい日記

コウノドリ

不思議な少年

看護助手のナナちゃん←オススメ!!

最近、講談社さんがすごい、いいのを出してるなって感じます。本は弟と買って、交換して読んでます。本友さんこと、hamakoさんに借りたり、貸したり、レンタルショップにも行ってます。

2015.01.16 Friday 22:47
comments(2)
最近、読んだ本
最近、が〜っと数冊読めました。

三浦しをん
「まほろ駅前多田便利屋軒」と、その続編


大島弓子
「グーグーだって猫である」1〜4
「サバの秋の夜長」
「サバの夏が来た」

羅川まりも
「赤ちゃんとぼく」1〜9
「ましろのおと」

やなせたかし
「わたしが正義についてかたるなら」

細川テンテン
「ツレがうつになりまして」
「7年目のツレがうつになりまして」

マンガもレンタルコミックでいろいろ読みました〜〜。マンガにはまると、家事がおろそかになります・・・。ハイ。

2014.02.09 Sunday 22:28
comments(6)
最近読んだ本

ノウセンカズラ

 数日続いた雨があがると、急に朝や夜に寒く感じるようになりました。最近、本のことを書いていなかったので、ちょこっとかいておこうと思います。本はあんまり購入していませんが、エンジンがかかってきて、ちょっとの間もがっつり読む事ができるようになりました。7月くらいは、読みたいのに、集中力が続かず読み進められなくて、自分はどうにかなってしまったんじゃないかと、ちょっと心配になるくらいでした。そんな、変な不安から引っ張り出してくれた本があります。それは、灰谷健次郎「太陽の子」でした。これ、小学生の頃に読みかけてたんですが、多分、その頃の自分にはまだ早かったんだと思います。すごい、グイグイ引き込まれ、最後の方では、もう、ちょっとのことでも涙がでてきて、悲しい最後だけど、苦しくはなかった。すごく、いい本でした。「コタンの口笛」も激しくて、びっくりしたけど、すごくよかった・・・。

「太陽の子」 灰谷健次郎
「コタンの口笛」
「はだしのゲン」
「にんじん」
「小公子」
「しろばんば」
「潮騒」
「アンクル・トムの小屋」
「木かげの家の小人たち」 いぬいとみこ
「くらやみの谷の小人たち」 いぬいとみこ
「アンの青春」

「3月のライオン」
「進撃の巨人」
「銀の匙」

マンガは活字が読めないときに、ずっと読んでいました。しかも、1巻から・・・。いぬいとみこさんの「小人」シリーズは子供の頃に読んで、「アリエッティ」がアニメになった時に思い出したんですが、学校の図書室にあって、感激しました。しかも、続巻も読めてよかったです。子供の頃は気がつかなかったけど、反戦のメッセージが入っていて、さらに考えさせられました。ファンレターが書きたいけど、いぬいさんはお亡くなりになっていました・・。
「はだしのゲン」もこんなニュースになる前に読んでいて、すごく、びっくりしました。子供の頃に読んでいて、改めて読むと、戦争でたいせつな家族と死に別れた悲しさの上に、さらにどこまで悲しみと苦しみを負うのか・・・と。もうすぐ亡くなるお母さんと一緒に布団で眠りたがるゲン兄弟のシーンは、本当に泣けました。戦争の悲惨さを伝えてもいるけど、すごく家族愛を伝える力が強いと思いました。

アンクル・トムで号泣したあと、小公子で癒されました・・。
自分の息子もいい本にいっぱい出会ってほしいな〜と思っています。

昨日、買った本。
「船乗りプクプクの冒険」 北 杜夫


子供達を公園に遊びに連れて行き、海に足だけ漬かるならいいよと言ったら、結局、泳ぐまでになってしまいました。
2013.08.28 Wednesday 22:13
comments(8)
最近の本と頂き物

先日、三重県のシロヘリさんが「つしの自然ガイドブック」を送ってくださいました。驚いたのは、大きさ、分厚さ!!大きさA4版、分厚さ300ページ!!普通のガイドブックの2倍はあります。フルカラーで文章も分野に分かれてとても丁寧に書かれてあります。こんな自然ガイドブック初めて見ました〜〜。漂着、海の生き物もあり、昆虫、動物、きのこ、植物おもしろかったです。普通のガイドブックより、筆者の思い入れも詰め込まれてあると思います。



S馬さんから子供たちに「こどものとも、ちいさなかがくのとも」や、宮沢賢治のものを送ってくださいました〜。
いつもありがとうございます。ぺこり。


あと、最近読んだ本など

「輝くよる」  百田 尚樹 著
「ああ息子」  西原 理恵子 著

「雨柳堂夢話」14 波津 彬子 著
「進撃の巨人」10 諌山 創 著
「銀の匙」7 荒川 弘 著

他にも母の友など読みました。
2013.04.22 Monday 21:24
comments(7)
やっは〜。本!!
「生きる知恵」 西原 理恵子 著  文春新書

「くるねこ」1〜7巻  くるねこ大和 エンターブレイン

最近、バタバタしておりました。子供とお出かけすると体力を非常に消耗します。リンリンおんぶして階段239段往復とか。でも!!100グラムも体重が減っていないんですよ?!計った後にご飯なので、むしろプラス?!みたいな。しくしく。疲れとカロリーの消費はあんまり関係ないみたいです。多分、疲れて甘い物食べるからですね。カプリコ食べたしね。。。
西原さんの本を買いに行ったら、売り切れてて、違う本が発売されていたので買いました。おもしろくて、読むのをやめたくないくらい。

「くるねこ」はマンガなんですが、いままでお友達から借りて読んでいたんですが、なんと!!1冊105円で売ってあったんです!!!やっは〜!!
でも、今月車検だったんで、節約しなきゃなのに、買ってしまいました。え〜ん。mamoさんには内緒。って内緒になってないし。猫好きにはいいマンガやちゃ。ホロリとくるし、くるねこ語がうつるし。

2013.04.04 Thursday 21:42
comments(2)
最近の本
最近、本をあんまり購入していませんでした。先日、テレビを見ていましたら、気になる絵本があったので、アマゾンでぽちっとしてしまいました。

「こねこのタケシ」南極大冒険   阿見みどり 文 :わたなべあきお 絵  銀の鈴社


「どくとるマンボウ航海記」  北 杜夫 著 新潮文庫
「どくとるマンボウ昆虫記」  北 杜夫 著 新潮文庫

「こねこのタケシ」は南極観測第一次越冬隊、タロージロー達と一緒に猫も行っていたという話で、作間隊員という方がテレビ番組の取材を受けていらして、絵本になっていると紹介されていたのです。タロジロ物語はつらいので、読んだり、見たりできそうもないのですが、「タケシ」は悲しくなくて大丈夫でした。猫ってそうなんだよね〜と思うから。(子供の頃、母方の実家の犬はずっとタローとジローだった。しんでも次の犬がまた同じ名前だし、メスでもタローだった)

「どくとるマンボウ」シリーズはもっと早い時代に読んでおけばよかった。もったいないな〜と思いました。これからボチボチ集めて読んでいきたいと思います。

最近は「母の友」のバックナンバーを頂いたのをずっと読んでいました。あと、S馬さんからも本が送ってもらったのがあるし。

最近、トッキーがマンガを読むようになったんですが、私の実家に置いてある「どろろ1〜4」をずっと持って回り読んでいます。昔のマンガはルビが全部ふってあるので読んでいるみたいです。妖怪が気になるらしいです。
2013.03.27 Wednesday 09:10
comments(2)
最近の本
最近は、文化会館の図書室の本もちょっと借りて読んだりしています。お友達から借りているのも入っています。

人生、90歳からおもしろい  やなせたかし 新潮文庫
月魚             三浦しをん  角川文庫
宇宙エンジン         中島京子   角川文庫
問題があります        佐野洋子   ちくま文庫
ちいさいモモちゃん      松谷みよ子  講談社文庫
モモちゃんとアカネちゃん   松谷みよ子  講談社文庫
海の底            有川 浩   角川文庫

マンガ
銀の匙            荒川 弘   サンデーコミックス
地上はポケットの庭      田中 相   イタンコミックス

2012.11.13 Tuesday 19:03
comments(0)
1/3PAGES